税込11,000円以上で送料無料
税込11,000円以上で送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Louis Robuchon Online Salon

商品を探す

比類なきユーモアセンスに恵まれた「サンテミリオンのバッド・ボーイ」

シャトー・ヴァランドロー (ジャン゠リュック・テュヌヴァン)/Château Valandraud (Jean-Luc Thunevin)

フランス
ボルドー右岸

「卓越した仕事への愛情」
 アメリカの名高いワイン評論家ロバート・パーカー氏から、好意とユーモアをもって「サンテミリオンのバッド・ボーイ」と称されたジャン=リュック・テュヌヴァン。設立から21年が経過した2012年に、シャトー・ヴァランドローはサンテミリオン・プルミエ・グラン・クリュ(第1特別級)へと昇格しました。その有名な「ガレージワイン」によって、彼は瞬く間にワイン界を代表する人物のひとりとなったのです。小さなブドウ畑から誕生したポムロールの珠玉ワイン、ル・パンを試飲しながら、「自分自身で極上のワインを作り上げたい」という願望が生まれたのがきっかけだそうです。
 1991年に、彼の情熱と厳格な仕事ぶり、そしてその決意によってシャトー・ヴァランドローのファーストヴィンテージが誕生し、その願いは叶います。まさしくこの年に前途洋々な冒険と、めざましいサクセス・ストーリーが始まりました。
 

その後、彼は多くの「ガレージワイン」の先導者となります。収穫量が少なく、傑出したテロワールから生まれるこれらのミクロ・キュヴェは、類い稀なエレガンスを持つ深みのあるワインとなります。
 彼の妻であるミュリエルが畑仕事を担い、それぞれのブドウの樹に合わせた剪定、システム化されたエフイヤージュ(徐葉)、株ごとの房数をあえて制限する摘房など、細心の注意を払っています。

ページトップへ