税込11,000円以上で送料無料
税込11,000円以上で送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Louis Robuchon Online Salon

商品を探す

ルイ・ロブションのオリジナルシャンパーニュ

シャンパーニュ・オートレオー/Champagne Autréau

フランス
シャンパーニュ地方

 エベルネ近郊のシャンピヨン村に佇むシャンパーニュ・オートレオー。1951年に初代党首のジェラール・オートレオーが設立し、今日に至ります。
 オートレオー家は、16世紀から代々美術商を営んできた由緒正しい名士でした。その傍ら、地元シャンピヨン村などにプルミエクリュやグランクリュの複数のブドウ畑を要し、丹念に育て上げたブドウを大手シャンパーニュメーカーに販売していました。その品質の高さとプロ意識の徹底から、某著名グランメゾンの間で毎年争奪戦になっていたとの逸話があります。 

ジェラールは、本業の美術商以上にブドウ畑での農作業に没頭していました。まるで自分のかわいい子供たちであるように、丁寧に手間を惜しまず、大切にブドウを育てていました。気が付けば「ブドウを他の生産者に売るのではなく、自分自身の手でシャンパーニュへと昇華させ、顧客へ販売する最後の行程まで全て責任を持ちたい。」との意思が日に日に強くなっていきました。彼は一大決心をし、美術商の事業を売却。今後の人生の全てをブドウとシャンパーニュに捧げていくことを決断しました。ジェラールは言います。「美術商として、天文学的な金額の絵画や彫刻を、ヨーロッパ中の貴族や富裕層に販売してきました。華やかで夢のある世界ではありましたが、そこに人間味や温かみと言ったものはありませんでした。だからこそ私は自分が手がけるシャンパーニュはもっと人間らしく、貴族でなくても誰もが楽しめ、親しみやすく、暖かい雰囲気と言ったものを大切にしたいと考えました。シャンパーニュは難解な講釈や、説教じみた分析はいらないのです。また、目が飛び出るようなマーケティング費用や広告費も必要ありません。」

ページトップへ