税込11,000円以上で送料無料
税込11,000円以上で送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Louis Robuchon Online Salon

商品を探す

自社畑をもたない若きミクロネゴシアン がもたらすブルゴーニュの奇跡

メゾン・オリヴィエ・シャンジィ/Maison Olivier Chanzy

フランス
ブルゴーニュ地方

 メゾン・オリヴィエ・シャンジィは、2012年にブルゴーニュ地方ムルソー村に設立されたミクロネゴシアンです。
 もともとシャンジィ一家は、ドメーヌ・シャンジィというワイナリーを、代々ブーズロン村にて営んでいました。しかし、オリヴィエの父親ダニエルがオーナーの時代にファンドに売却されてしまい、結果的にオリヴィエもそのもとを離れることになってしまいました。
 ローヌ地方の名門ワイナリー「シャトー・ディザール」にて研鑽を積んだ後、再び生まれ故郷ブルゴーニュに舞い戻り、自身のワイナリーを設立することを決めました。しかしブルゴーニュのブドウ畑の価格高騰は天文学的なものであり、出資者もいない一人の若者にとっては、畑を買い取ることは実質不可能でした。そこで彼は、自社畑を持たないミクロネゴシアンというスタイルを選択し、自分自身の冒険をスタートさせました。

幸いブルゴーニュ地方で生まれ育った生粋のブルギニョンのオリビエは交友関係も広く、沢山の幼馴染みの友人がブドウ畑やワイナリーを営んでいました。その縁もあり、彼が醸造するために買い取っているブドウのうち90%以上が昔からの友人の手により育まれています。
 結果として自社所有のブドウ畑ではないもののそれに等しい形で、実際の農作業や収穫のタイミングなども含め、1から全ての行程に携わっています。
 またその人望の高さと人懐っこい性格が功を奏し、小さなアペラシオンから大人気で例年取り合いになるようなグランクリュのブドウまで、満遍なく揃えられる類稀な環境を手にしました。そのため、設立からまだ10年が経っていない現在においても様々なポートフォリオを持ち、今後ブルゴーニュを代表するミクロネゴシアンの一人となることが確実視されている逸材です。
 自身の醸造設備を導入するにあたり、オリヴィエが最も大切にしたモットーが機械による介入を可能な限り減らすことにあります。
重力のシステムを使用した高低差がある環境を築くことにより、機械によるポンプ作業などを割愛することができ、ブドウにストレスや負担がかからない、優しい醸造にこだわっています。

ページトップへ