税込11,000円以上で送料無料
税込11,000円以上で送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Louis Robuchon Online Salon

商品を探す

ドメーヌ・ラミ・カイヤ/Domaine Lamy-Caillat

フランス
ブルゴーニュ地方

 ドメーヌ・ラミ・カイヤの当主セバスチャン・カイヤは、シャサーニュ・モンラッシェ村を代表するワイナリーの一つドメーヌ・ラミ・ピヨの運営も兼ねています。
 ラミ・ピヨは1600年創業の由緒正しきワイナリーで、代々ブドウ畑を買い足しながら現在に至ります。
そのドメーヌ・ラミ・ピヨが購入していった畑の中でも、特に優れたアペラシオンや立地を所有していたのが、セバスチャンの隣家に住む一人の老婆。先祖代々田吾作農家の一族で、少しずつその畑をラミ・ピヨに譲渡していきました。
しかし、彼女自身が所有する畑の中でも最も優れた区画は誰にも売ることなく、大切に守り抜いてきました。
村名のシャサーニュ・モンラッシェのポ・ボワ、1級レ・シャンガン、1級ラ・ロマネ、1級レ・カイユレ、1級ラ・グランド・モンターニュなどです。いずれもそのクリマの中でも、最高の立地、土壌を誇る区画でした。
彼女はそれらの畑を、ラミ・ピヨとは別にセバスチャン個人に、同氏が思い描く理想のワインを造ってもらうことをずっと願っていました。その時が来るまで彼女は待ち続け、そして念願が叶い2011年、当初は1.12ヘクタールの畑をフェルマージュ(賃借)の形で貸し出したのが、ドメーヌ・ラミ・カイヤの始まりでした。

セバスチャンが当ドメーヌにて最も大切にしているポリシーは、ワイン界に渦めく経済性、時間の概念、評論家も含む他人の評価、その他慣行や伝統など、一切気にせずに、何にも邪魔されず、徹底的に自分が納得のいくワイン造りを実勢することにあります。
本人によると「自分にとってラミ・ピヨというワイナリーの存在があり、そちらで生活の基盤は成り立っている。ラミ・カイヤでは利益性などは一切度外視して、自分が追い求める究極のワインを造りたい。そして、隣家の80歳を超えるおばあちゃんの期待にも応えたい。」とのことです。
その発言通り24ヶ月の長期に渡る樽熟成や、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティから譲り受けた手作業による瓶詰めの機械を使うなど、大切にワインを育んでいます。その結果としてシャサーニュ・モンラッシェのアイデンティティを見事に表現した、食とのマリアージュに不可欠なミネラル感と美しい酸味を持つ、透明感溢れるワインが生み出されます。

ページトップへ