税込11,000円以上で送料無料
税込11,000円以上で送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Louis Robuchon Online Salon

商品を探す

スイスのロマネコンティ

ヴァイングート・ガンテンバイン/Weingut Gantenbein

スイス
グラウビュンデン地方

「スイスのロマネコンティ」とも呼ばれ、批評家からも高い称賛を得ているガンテンバインは、スイス東部グラウビュンデンのライン渓谷上部にある家族経営のワイナリーです。
息を飲むほど美しい景色が広がるアルプスの麓フレーシュの村で、マーサ&ダニエル・ガンテンバインは1982年からワイン造りを行っています。ブドウ畑は約5haと小さく、かつ製造工程の殆どを手作業でシンプルに行うため生産量は少なく、入手できるのは数年先というインポーターも少なくありません。

ワイナリーが位置するグラウビュンデン州はアルプスの麓、標高500mほどの山間に位置し、近年ワインの生産量が高まっており、特にピノ・ノワール品種を主体とする高級ワインを産出しています。
ガンテンバインのピノ・ノワールはブルゴーニュからのクローン品種。所有する畑の殆どで栽培されていますが、良いヴィンテージでも収穫量は非常に低く、1エーカーあたり約1.5トンしかありません。
そうして収穫したピノ・ノワールは特注のオープントップの木製発酵槽で発酵、バリックでのマロラクティック発酵後12~14か月でボトリングしています。
清澄、ろ過は行わず、ピノ・ノワールの他にはシャルドネ、リースリングも生産しています。

ページトップへ