税込11,000円以上で送料無料
税込11,000円以上で送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Louis Robuchon Online Salon

商品を探す

ラモネもがブドウ買いをしていた、「幻のカルトブルゴーニュ」

ドメーヌ・ルイ・ルキャン/Domaine Louis Lequin

フランス
ブルゴーニュ地方


1604年に創立された「ドメーヌ・ルキャン・ルソー」の流れをくんだ「ドメーヌ・ルイ・ルキャン」。現在はルイと息子のアントワーヌが当主を務めています。
以前は自社でワインを醸造するのみならず、ブドウを単体で他のブルゴーニュの名門メゾンに販売していました。「ジョセフ・ドルーアン」、「ルイ・ジャド」、「ルイ・ラトゥール」など、その顧客は錚々たる顔ぶれでした。あの「ラモネ」までもがその品質を高く賞賛しており、「ルイ・ルキャン」のバタール・モンラッシェの畑にて生産されたブドウを買取り、それを醸造して自社のワインとして販売していたというほどです。それほど、ルキャン一家は類まれな最上級の畑を有しているのです。

息子のアントワーヌが運営に加わり、素晴らしいポテンシャルを持つブドウを他社に売るのではなく、自分たちの手で最後まで醸造することを決断しました。その噂を聞きつけたパリやフランス各地のミシュランレストランからの引き合いも強く、現地でその9割が消費されてしまいます。
また生産量を最小限に抑え、高品質のみを追求することにより、極めて綺麗な熟成をするワインが産み出されます。派手な特色やわざとらしい抽出はありませんが、優しく身体に染み込む滋味溢れる味わいをたたえます
。ブラインドテイスティングでは常に名門ドメーヌと間違われるほどのクオリティーを誇ります。それでいて、価格帯は比較的良心的というのも特徴のひとつです。
一般消費者にも熱烈なファンが多く、フランス国内の約300軒のワインショップで極少量ずつ販売され、在庫はほとんど現地ではけてしまいます。長年日本国内では購入不可と言われてきた「幻のカルトブルゴーニュ」です。もちろん市場での露出も無く、国内への輸入は今回で初となります。
近年ではWine SpectatorやRVF(Revue du vin de France)でも高い評価を受け、世界の注目を集めています。

ページトップへ