税込11,000円以上で送料無料
税込11,000円以上で送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Louis Robuchon Online Salon

商品を探す

情熱あふれる、愛のフレンチキスワイン

シャトー・ラ・モット・デュ・バリー/Château La Mothe du Barry

フランス
ボルドー、アントル・ドゥ・メール


シャトー・ラ・モット・デュ・バリー、9代目オーナーのジョエルとサンドリーヌ・デュフォー夫妻。2人が造るワインは、まるで2人の愛物語そのものです。
先代を継ぎ、1985年にジョエルは当主となりました。情熱あふれ、ロマンティックな性格のジョエルは、畑仕事とワイン造りにおいてもその才能を発揮しました。農薬や除草剤を使わないビオワイン(オーガニックワイン)造りを、当地にて真っ先に取り入れた1人として知られています。木樽も節度を持って利用し、不必要な樽香でチャーミングな果実味が損なわれることがないように心がけています。

愛する妻となるサンドリーヌとの出逢いを通じて、彼の人生はさらに新しいページを開きました。大好きで大好きで、付き合う前から毎日のようにサンドリーヌにラブレターを送り続けたというジョエル。彼のパッションと深い愛情に心が動かされたサンドリーヌは、そのラブレターに対して、キスマーク入りの手紙で返事をするようになりました。ジョエルにとって、彼女のキスマークは至高の幸せの証だったそうです。
2人は結ばれ結婚することとなりますが、ジョエルはそのキスマークをワインにも施すことを思いつきます。大きなキスマークをデザインし(良く見ると、鳥2羽がキスをしている姿も見えます)、遊び心満点のラベルを産み出し、その名もフレンチキスと名付けました。愛の国フランスの名に恥じない、愛する妻への想いを込めて造った情熱的な1本と仕上がりました。
フランスを代表する醸造家、ステファン・ドゥルノンクールが氏コンサルタントをつとめており、造りも本格派です。

ページトップへ